【2020年度幼児教室合格実績比較】お受験幼児教室の掛け持ちは必要?(私立小学校編)

幼児教室

首都圏を中心に新型コロナウイルスの感染拡大による影響が続きますね。

近くの公園に散歩に出かけようとしたら、巡回?に警察官の方がいらっしゃって、「なるべく家に帰るように」と呼びかけていました。

だんだんと、息苦しさも募りますが、この難局が早く収束するよう、できることを続けていきたいものです。

そんな感じで家にいる時間がさらに増加。

お受験の当事者だったときにも食い入るように見つめていた各幼児教室の合格実績について、改めてまとめてみました。

素人なりに、数字の読み方も考察しています。

【2020年度最新】幼児教室合格者実績比較(2019秋実施)

昨年秋に実施された入学試験の結果を、各幼児教室の公式発表から抜き出してみました。

伸芽会は、個別の数字を出しておらず、学校をグループに分けた上で算出しているので、下記の表には入っていません。

※参照元 各幼児教室公式のホームページより

※以下の表を転載される際には、引用表記・リンク記載にご協力下さい。

学校名
(※一部略)
募集
人数
発表
合計




















21


















慶應義塾幼稚舎142139683583144016
慶應義塾横浜1081485829172643326
早稲田実業学校10818159271702174640
暁星小学校1201454629165455332
立教小学校12013858121232134034
雙葉小学校4064211037011120
白百合学園608128757031030
聖心女子学院9616771111326235036
東洋英和女学院5095357412135028
豊明小学校5476273510271021
東京女学館801425613536032027
立教女学院7213247108132122029
光塩女子学院80972221122770026
田園調布雙葉6577302148020021
青山学院初等部8811352141141123016
成蹊小学校112182531313352591222
学習院初等科80153802379348118
桐朋学園小学校7211827410217242527
桐朋小学校4673153611522524
合計1,5932,321853254185173155896356493
※2020年4月24日時点の各幼児教室HP発表人数を集計
※その他教室に含む幼児教室は、下記の通り
(ICE幼児教室、チャイルド・アイズ、リュミエールドチョコリット、おかがき幼児教室、さつき会幼児教室、リトルバード、ミック幼児教室、東京英才学院、しながわ・目黒こどもスクール、慶応会、佐々木雅子幼児教室、成城幼少受験教室、オーダーメード小学校受験家庭教師、桐杏学園、なのはな幼児教室、トントン幼児教室、米田幼児教室、湘英会、ルブラン幼児教室、早実くらぶ、フォレスト幼児教室、にじいろ幼児教室、ピッパラ幼児教室、富士チャイルドアカデミー、くすみ幼児教室、慶楓会、ピグマリオン、幼児教室めぇでる、ほしの会、石井美香幼児教室、市川えりこ幼児教室、こどもの森幼児教室、サン・キッズ<4/28追加>

そして、伸芽会の単体の数字はこちら。

2020年の最新データが見当たらず、過年度の実績を参考値としてのせておきます。

 2020年
(19秋実施)
2019年
(18秋実施)
2018年
(17秋実施)
2017年
(16秋実施)
<慶・早・男子難関小学校>
慶應義塾幼稚舎
慶應義塾横浜初等部
早稲田実業学校初等部
暁星小学校
立教小学校
120名107名90名
<女子難関小学校>
雙葉小学校
白百合学園小学校
聖心女子学院初等科
東洋英和女学院小学部
日本女子大学附属豊明小学校
東京女学館小学校
立教女学院小学校
光塩女子学院初等科
田園調布雙葉小学校
98名91名94名
<共学難関小学校>
青山学院初等部
成蹊小学校
学習院初等科
桐朋学園小学校
桐朋小学校
80名67名54名
※伸芽会は、上記の区分での合格者数を毎年発表。
正会員かつ入学考査まで在籍した生徒のみの合格実績。

あれ、改めてこうしてみると、ジャックやわかぎり、こぐま会だけでも、相当な人数になることに驚きます。(伸芽会除くで、募集人員超えの小学校がほとんどの状況ですね)

どの幼児教室も「正会員のみ」ということをうたっていますが、公式発表の合格数は定員を大きく上回ります。

ということは、かなり多くのお子さんが、複数の幼児教室で合格者としてカウントされている…ということになるのではないでしょうか。

幼児教室の掛け持ちの実態について

数字からみえてくることとして、かなり多くのお子さんが、複数の幼児教室で「合格実績」としてカウントされていることが推測されます。

実際、私たちの周りにも、お受験の幼児教室や習い事を掛け持ちされているかたが多くいらっしゃいました。

・こぐま会で基本クラス、伸芽会で学校別

・伸芽会をメーンに、ジャックで苦手分野を補強(体操、製作)

・ジャックで学校別クラス、伸芽会、こぐまで別の学校クラス

・国立対策として早くからわかぎりに、週末のみジャック/伸芽会に

…という感じです。

ほかにも、コペルやくもんなどを掛け持ちしている方がいらっしゃいました。

幼児教室の掛け持ち、共働きの我が家の場合

わが家の場合、共働きで送迎の時間もなかなか取れないことがネックとなり、最初から最後までお受験の習い事は大手幼児教室の1つのみでした。

周囲のお子さんが掛け持ちをしている様子を見て焦ることもありましたが、そこは「できることとできないことがある」と割り切り。

また、途中で「この幼児教室のほうが志望校の合格確率が高いのかな…」と心が揺れたこともありましたが、この数字の示している通り、

「この教室だから受かる」

というよりも

「(自分にあった準備をしてきた)受かる子が受かる」

という感じなのかなと思っています。

受験に向き合うとき、合格実績の数字だけに惑わされず、「どの教室のスタイルがわが家に合っているのか」という視点で、「子どもを一番伸ばしてくれそうなところ」を見極めることが大事だと感じています。

もう一度お受験をするなら?を考えてみた

わが家は浮気(?)せずに某お教室一筋!という形でしたが、もしもう一度お受験の機会があるなら、

「相性が合わない先生もいる」ということも素直に受け止め、その場合の対応も考えるべきだったなと感じています。

お子さんのタイプにもよるとは思うのですが、やはり子どもと先生の相性は大切。

「無理をしてでもその先生について行く…!!」となるよりは、「やっぱり、この先生と一緒にやりたい!!」となるほうが、我が子には合っていたのかなと思います。

初めてのお受験、親のほうが「ここでついて行かなくちゃ…!」と躍起になっていたこともありましたが、もし二度目があるなら、もっと大きな視野で「子どもと相性のいい先生を見つけて、その先生について行こう」という気持ちももっていたいなと考えています。

逃げるという訳ではなく、あくまで子どもをうまく伸ばしてくれる先生というのは、お子さんのタイプによってもそれぞれかと思っています。

つい、合格実績の数字に惑わされそうになりますが、ご参考になればうれしいです。

↓国立小学校編はこちら

【2020年度幼児教室合格実績比較】お受験幼児教室の掛け持ちは必要?(国立小学校編)
昨日は、難関と言われる私立小学校の幼児教室別の合格実績を一覧にまとめてみたのですが、今回は国立小学校の実績を一覧にしてみました。↓私立小はこちら都内在...

▼詳細版はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました
kmark" href="https://www.pinterest.com/pin/create/button/">