【2020年最新】<総合>私立小学校・志願倍率ランキング(首都圏・2019秋実施)

緊急事態宣言後の週末、過ごし方を悩んでいるご家庭も多いのではないでしょうか。

とりあえず、家で過ごす時間がぐんと増えたので、なにか今までできないことに取り組もうと試行錯誤中です。

今日は、時間があるからこそできる作業の一つとして、倍率調査をしてみました。

これまでのデータは過去問などにもまとまっていますが、2019年秋実施の試験の倍率が一覧で見られるところはなかなかないかと思い…。

お受験もどうなっていくのか分からない状況ではありますが、参考にしていただけたらうれしいです。

(情報は、各学校ホームーページや、「お受験じょうほう」などを参考にまとめさせていただきました。転載漏れなど、ご容赦ください)

2019年お受験、倍率は?

2019年秋に実施された試験の倍率をまとめてみると、下記の表のような形になっていました。

こちらの数字は男女別ではなく、全体の志願者の数字です。

一番高くなっているのは、

「東京農業大学稲花小学校」で、志願倍率は12・8でした。

他にも、横浜初等部、洗足学園、幼稚舎、早実などが10倍を超えています。

大学付属校の人気の高まりと、中学受験に強い洗足学園は、年々志願者数が増えているようです。

下記のランキングに出てくる学校は、「大学付属のエスカレーター型」か、「中学受験重視型」の2つが多くなっています。

ここ数年来、あまりランキングに大きな変動はなさそうなので、今年のお受験でも、この2つのタイプの学校は人気が集中しそうですね。

他の学校のデータも調べてみると、自分たちが受けていないところの倍率が「へぇ、こんな感じなのね!」と分かって興味深かったです。

学校名リンクから学校別の詳細な分析が確認できます!

順位学校名所在地志願倍率募集人数志願者数実質倍率合格者数受験者数
1東京農業大学稲花小学校世田谷区12.87292572
2慶應義塾横浜初等部横浜市12.71081374108
3洗足学園小学校川崎市11.9505934.8118571
4慶應義塾幼稚舎渋谷区11.214215909.91421406
5早稲田実業学校初等部国分寺10.610811437.2130938
6桐朋学園小学校国立市8.47260272
7立教女学院小学校杉並区7.97256790
8成蹊小学校武蔵野市6.6112735132
9聖ドミニコ学園小学校世田谷区6.4603861.4107148
10東洋英和女学院小学部港区6.05030150
11東京都市大学付属小学校世田谷区5.98047280
12青山学院初等部渋谷区5.58848888
13東京女学館小学校渋谷区5.58043880
14桐朋小学校世田谷区5.47238672
15日本女子大学附属豊明小学校豊島区5.25427958
16田園調布雙葉小学校世田谷区4.86531369
17暁星小学校千代田区4.6120547120
18聖心女子学院初等科港区4.49641896
19森村学園初等部横浜市4.4863753.1116359
20横浜雙葉小学校横浜市4.2803354.180331
21光塩女子学院初等科杉並区3.98031380
22さとえ学園小学校さいたま3.9722801.9146280
23成城学園初等学校世田谷区3.86825671
24立教小学校豊島区3.6120431120
25浦和ルーテル学院小学校さいたま3.3752512.0120240
26宝仙学園小学校中野区3.3702322.765174
 学習院初等科新宿区非公表8080
 雙葉小学校千代田区非公表4040
某大手教室の先生の話では、非公表の学習院の志願倍率は8~9倍になるとか。

お受験、志願倍率の罠

ランキングの一覧になっているように、志願倍率はどの学校もかなり高い数字が出るようになっています。

難易度の指標として、表に掲載している実質倍率※右から三列目(受験者数/合格者数)は参考になりますが、公開している学校が限られます。

よって、横並びで比較することを目的に倍率を算出すると、(志願者数/合格者数)や(志願者数/定員)のような形になってしまいます。

幼児教室などで、一般的に難関校と呼ばれる学校は志望度が高い方が多く、志願者数→受験者数の減少幅が少ないので、実質倍率が相対的に高まると考えておくのが自然な数字の見方かなと思います。

振り返って見ると、この志願倍率などの数字は、あくまで参考程度のものであり、あまり意識しすぎない方がいいかもしれません。

↓後日、合格難易度分析もしてみました

というのも、昨年のお受験でも実感しましたが、みなさん「とりあえず願書はたくさん出す!」という戦術の人が多いからです。

もちろん、中には「本命だけ!」とされている方もいらっしゃいましたが、幼児教室の先生には

「本命」

「本命よりは少し気持ちは下がるけど、行かせたい」

「抑え」

と、それぞれ複数を受験するように薦められていました。

教室の合格実績集めの部分ももちろんあると思いますが、たくさん受けることを推奨するのは、手札が少なくなったときの親の精神的な焦りと、子どもに対しての「成功体験」を与えるためだとか。

結局、わが家も本命以外の学校も願書をそろえて出願しました。

いくつかの学校は、受けたくても試験日が重なり、あきらめたことも。

そんなケースがたくさんあるのか、お受験の会場でも空席が目立つことは結構ありました。

一つの学校をあげるのもはばかられるのですが、たとえば東京農業大学稲花小。

こちらの学校は、試験日の希望を聞いてもらえるため、本命校以外にも「併願校」として出願する人が多いそう。

そのため、試験日も空席がいくつかありました。

志願倍率では1位ですが、実質倍率はどんな感じか、差があるかも知れません。

↓後日詳しく分析してみました

【2020年最新】私立小学校・志願倍率ランキング※番外編~超高倍率の東京農業大学稲花小の分析~(2019秋実施)
つい先日書き終えたお受験倍率シリーズですが、思い立って番外編を書くことに。今までは、志願倍率と実質倍率の比較をしてきましたが、今回は試験形態の特徴から志願者数のカウン...

お受験、倍率を気にしすぎないで

わが家では、とりあえずお受験の際の倍率は、気にしすぎないことをおすすめします。

どんなに学校別テストの模試の成績が上位でも、その学校からご縁をいただけるかは別の話だと感じています。

それに、試験官の先生方も人間。子どもも人間。

その時、その年に合格させたいお子さんと、次の年はまた違うかも知れない。

子どものどの部分をみて決めてくださったのか、親には分からないことも多いです。

ただ、一つ感じるているのは、我が子がご縁を頂けた学校は、複数あった本命校の中でも一番「ココが合いそうだ」と感じていたところ。おこがましいですが…。

お受験は、そういうものなかも知れないと改めて感じています。

通っていた幼児教室でも、先生方は

「倍率2倍までは努力次第で変えられる、ただ、3倍を超えると何があるか分からない」とおっしゃっていました。

試験を経験するまではピンとこないこともありましたが、いまは本当にその通りだと感じます。

子どもも、周囲の環境次第で見せる表情が変わります。

試験官の先生も、どなたに当たるかで結果が変わることもあるでしょう。

お受験ではまず倍率を見てしまいがちですが、まずは子どもと学校との相性を高めておくことがおすすめです。

【参考】”志望者数”が多い小学校順で見てみると

志望者数は、その小学校の人気度や注目度のバロメーターとも言えるかと思います。

志願者数の多い順に並べると下記の表になり、実質倍率に近しい順番のようにも感じます。(たった1回だけお受験を経験した者の肌感覚で語って、ごめんなさい

学校名リンクから学校別の詳細な分析が確認できます!

順位学校名所在地志願倍率募集人数志願者数実質倍率合格者数受験者数
1慶應義塾幼稚舎渋谷区11.214215909.91421406
2慶應義塾横浜初等部横浜市12.71081374108
3早稲田実業学校初等部国分寺10.610811437.2130938
4東京農業大学稲花小学校世田谷区12.87292572
5成蹊小学校武蔵野市6.6112735132
6桐朋学園小学校国立市8.47260272
7洗足学園小学校川崎市11.9505934.8118571
8立教女学院小学校杉並区7.97256790
9暁星小学校千代田区4.6120547120
10青山学院初等部渋谷区5.58848888
11東京都市大学付属小学校世田谷区5.98047280
12東京女学館小学校渋谷区5.58043880
13立教小学校豊島区3.6120431120
14聖心女子学院初等科港区4.49641896
15聖ドミニコ学園小学校世田谷区6.4603861.4107148
16桐朋小学校世田谷区5.47238672
17森村学園初等部横浜市4.4863753.1116359
18横浜雙葉小学校横浜市4.2803354.180331
19田園調布雙葉小学校世田谷区4.86531369
20光塩女子学院初等科杉並区3.98031380
21東洋英和女学院小学部港区6.05030150
22さとえ学園小学校さいたま3.9722801.9146280
23日本女子大学附属豊明小学校豊島区5.25427958
24成城学園初等学校世田谷区3.86825671
25浦和ルーテル学院小学校さいたま3.3752512.0120240
26宝仙学園小学校中野区3.3702322.765174
 学習院初等科新宿区非公表8080
 雙葉小学校千代田区非公表4040

ただ、この表も共学・別学の学校を一緒にしたもの。。。。

受験を検討されている親の視点に立って見るならば、男女別に倍率や志願者数を見ていく必要があるため、男女別に記事をまとめました。

↓女子校・共学女子定員別の倍率ランキングはこちら

【2020年最新】<女子>私立小学校・倍率ランキング(首都圏・2019秋実施)
お受験の倍率シリーズ、今回は女子編です。 女の子のお受験と男の子のお受験では、やはり傾向が大きく異なります。女子校が多いのも一つですが、共学校では、男女で定員...

↓男子校・共学男子定員別の倍率ランキングはこちら

【2020年最新】<男子>私立小学校・倍率ランキング(首都圏・2019年実施)
お受験の倍率シリーズ、前回の女子編に引き続き、今回は男子編をまとめました。女子校が多かった女子編と比べ、全国で見ても小学校の男子校は「3校」しかありません!小...

▼おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました